千葉県富津市、大貫港(おおぬきこう)の釣り場、好ポイント、魚種、時期まとめ

房総半島 堤防 釣り場

千葉県富津市小久保に位置する大貫港。

地元の釣り人や常連が多い釣り場で、駐車スペースも豊富。

付近にコンビニもあるので家族連れにも安心な堤防スポットです。

スポンサーリンク

大貫港の釣り好ポイント

赤灯堤防

Aポイントの赤灯堤防は、

シロギスやメゴチ、ハゼが釣れます。

しかし、手前が浅いので2色以上投げたほうが良いです。

夏場は船道方向に投げて置き竿にしておくと、高い確率でシャコをゲットできます。

外海側堤防

Bポイントは、大貫港で一番の人気ポイント。

夏はアジ、イワシが寄ってきます。

水深がないポイントなので、ノベ竿のトリックサビキ仕掛けが良いです。

日によってサバ、ワカシなども回りますので小型メタルジグも準備しておくのがベスト。

投げ釣りではシロギスを狙うことができ、秋口には良型の数釣りも可能。

濁りがあればイシモチも期待できます。

テトラ帯

Cポイントは、大貫港で唯一テトラが入っているポイント。

イガイをエサに、前打ちでカイズを狙えます。

テトラの切れ目を丹念に探るのがコツ。

水深が浅いので満潮時が狙い目です。

水産試験場前

水産試験場前のDポイントは

車が横付けできるので、家族連れでも安心のポイント。

夏~晩秋にかけてハゼが狙い目。

ノベ竿でも釣れますが、数を伸ばしたいのならちょい投げで広範囲を探る方がいいです。

夜釣りでのアナゴ釣りも面白いです。

右側の堤防

大貫港の右側堤防、Eポイントは

幅が狭いのと、駐車場から遠いこともあり、あまり入釣する人がいません。

しかし、ヘチ釣りでアイナメ、投げ釣りでシロギス、ハゼなどが狙える穴場的な釣り場。

のんびりサオを出したい人にはおすすめです。

ただ、漁船の往来は激しいので注意が必要です。

港の最奥部

港の奥、船揚げスロープのFポイントは

見過ごしがちな場所ですが、実はソフトルアーでメバルの数釣りができる好ポイント。

隣接する小久保川や岩瀬川河口ではマゴチも狙えます。

大貫港の釣り時期

釣れる魚の盛期

シロギス:6~9月

ハゼ:7~10月

アジ:8~9月

アナゴ:7~9月

メバル:3~5月、11~12月

大貫港周辺のコンビニ

大貫港周辺のコンビニは約900m北側にあります。

比較的近いです。

大貫港周辺の釣具店

榎本釣具店

大貫港から榎本釣具店までは約400m。

コンビニも、釣具店も近いという環境に恵まれた港です。

大貫港周辺の飲食店

まこと食堂

安くて旨くてボリュームを求めるなら、まこと食堂という定食屋さんがいいです。

ワンコインでかなりお腹を満たすことができます。

大貫港からも近く、約1kmほど。

ちなみにワンコイン定食は毎日日替わり。

住所:〒293-0042 千葉県富津市小久保2997−1

TEL:0439-65-2586

営業時間:11:30~1400、17:00~22:00(水曜定休)