上天草市龍ヶ岳町、赤崎港の釣り好ポイント、魚種、時期まとめ

上天草市 釣り場

上天草市龍ヶ岳町に位置する赤崎港。

ここは養殖魚の水揚げが盛ん。

また、釣りイカダへの発着所としても知られ、行き交う釣り人で活気があります。

堤防ではアジとクロがメーン。

港内は外灯が多いので夜釣りのポイントとしても人気が高いです。

スポンサーリンク

赤崎港で釣れる魚の時期

アジのシーズンは10月ごろからスタート。

ウキ釣りで序盤は18~19センチほどですが、年明け後には21~22センチほどに成長。

アジが一番大きくなるのは4月。

赤崎港の釣り好ポイント

南側波止

Aポイントは

キビナゴを餌にしたぶっ込み釣りでガラカブが釣れます。

冬~春は、数は少ないものの0.5~1kgのミズイカも来ます。

アジは日中はあまり釣れませんが、夕方になるとヒットが増えます。

日没後は外灯のそばが良好で、港の奥まで群れが回遊する上げ潮時が狙い目。

突端部はメバル、小グロ、小アジが少し釣れます。

赤桟橋のそば

Bポイントは

夜釣りが狙い目のポイント。

秋の満潮ごろになるとカマスが釣れ、セイゴなども釣れます。

港内最深部

Cポイントは、

こちらも夜釣りのポイント。

岸壁と桟橋のすき間で小アジが釣れます。

地元の釣り人はサビキを使用しています。

港内北側の外灯そば

Dポイントは

夜アジの実績が高いポイント。

しかし釣り座が広くないので、サオ出しは1~2人が限度。

ロープなどが多く、注意が必要です。

北側の波止

Eポイントは

秋と春にウキ釣りでクロがヒット。

日中は小型が主体ですが、夕まずめには30センチクラスも来ます。

餌取りが多いのでキスゴ虫が効果的です。

古い桟橋付近では秋~春にメバルも来ます。