こんなに簡単に美味くなるのか!コーヒーが薄くならない抽出方法と道具まとめ

コーヒー

美味しいコーヒーをドリップして淹れられる人ってカッコイイですよね。

コーヒーメーカーで淹れるのは違うんですよ。

上手な人がドリップする、あの所作がやりたいんだ!

慣れた手つきで淹れて、友人や客人にさりげなく振舞う。さながらカフェのマスターみたいな。

私もそんな感じになりたい!それなのに、なぜなんだ!

私の淹れるコーヒーといえば、やたら薄い。あるいは苦味ばかり強くてコクがなかったり。。

ともかく安定しません。

私の内面を現しているとでも言うのか?

こんなことでは人に振舞うどころか、自分でも思ってしまうんです。

「なぜ私は今、こんな不味いコーヒーをすすっているんだ!?」と。

しかし、私のようにテクニックがなくとも失敗せずに安定して美味しいコーヒーを淹れられる道具と方法があるんです。

もちろん、かなり簡単に!

その方法をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

フレンチプレスは簡単な上に薄くならない!

ペーパードリップというのがメジャーで、誰もが知っているドリップ方法ならば、フレンチプレスってマイナーなのかもしれません。

引用:Amazon

道具の存在すら知らなかった。

名前は知っていても、使い方がよくわかならい。とかね。

ところが、フレンチプレスって

コーヒー粉の計量と時間さえ正確に計れば、あとはプレスするだけ!

難しいテクニックは必要ないという素晴らしいメリットがあるのです。

コーヒー豆にあるコーヒーオイルをそのまま抽出してくれますので、薄くなることがないのです。

計量と時間が正確なら、常に均一な味になってくれるのが特徴ですね。

つまりは、コーヒー豆が良ければ必ず美味しくできる!ということです。

フレンチプレスでコーヒーはこうやって淹れる

コーヒー粉を計量し、投入

フレンチプレスに、中粗挽きくらいに挽いたコーヒー粉を計量して投入。

もちろん、直前にコーヒー豆を挽きます。

湯を注ぐ

沸騰して少し落ち着いたくらいのお湯を静かに注ぎます。

同時に4分に合わせておいたストップウォッチをスタートさせます。

お湯を注ぐと粉が膨らんでくるので、フレンチプレス全体をトントンと2~3回テーブルに置いて粉と湯をなじませます。

粉が落ちてくぼんだら、その分だけ湯を注ぎます。

この時も、粉が滞留しないよう静かに注ぎます。

フレンチプレスのフタをセットして待つ

プレス部分を一番上に引き上げて静かにフタをセットします。

ストップウォッチが鳴るまで待ちます。

プレスを下げてコーヒーカップへ注ぐ

ストップウォッチが鳴ったらプレス部分を水平かつ丁寧に押し下げます。

そしてカップへ注ぎます。

抽出したコーヒーは最後まで注ぎきらないのがコツ。

上手くいったコーヒーの表面にはコーヒーオイルが浮いており、これが味の決め手となります。

これだけか!

そもそもペーパードリップは入り口として難しい

コーヒードリップの入り口として最も一般的なのがペーパードリップでしょうね。

割と道具が安価ですし、どこででも手に入るので私もペーパードリップから始めました。

もちろん、コーヒー的な味に淹れることはできました。

が、薄い!どうやっても美味しくならない!

確かに、注いでから30秒蒸らして、どうのこうの・・というテクニックは本を見れば書いてあります。

でも、その通りにやっても微妙な感覚がわからない!

安定して美味しく淹れるのはかなりの技術が必要なんだと気づきました。

ネルドリップとなると、ペーパードリップと淹れ方はさほど変わらない上に、布部分の管理をどうやっていいかわからず。。

しかし、フレンチプレスなら淹れ方が簡単な上に、手入れも簡単だったんですね。