天草市倉岳町、浜田港の釣り好ポイント、魚種、時期まとめ

天草市 釣り場

天草市倉岳町、宮田漁港のすぐ隣に位置するのが浜田港。

大きなえびす像が目印。

浜田港は比較的大きな港で、主な釣りものはチヌやクロ。

メバルやイカのポイントとしても有名です。

スポンサーリンク

浜田港で釣れる魚の時期

浜田港ではチヌは25~30センチのメイタ級が主体。

4~5月の乗っ込み時季には40センチ前後の良型も釣れます。

クロは5~6月、9月~11月に釣れ、型は25センチ前後。時折30センチ級もヒットします。

浜田港の釣り好ポイント

南側外波止の屈折部

Aポイントからは

カゴ釣りでクロを狙う人が多いです。

ポイントは30mほど沖にできる潮目。

クロのほかはチヌ、メバル、アジも交じります。

秋には25~30センチ前後のバリもヒット。

南側外波止の中間部

Bポイントは

春~梅雨にウキ釣りで25~40センチのチヌがヒット。

また、25センチ前後のクロもよく釣れます。

12~1月は30~40m先の潮目で20~25センチのアジもよく釣れます。

南側外波止の突端部

Cポイントは、

港の内側でも外側でもよく釣れます。

秋にウキ釣りでメイタ。

また、30~35センチ級のキビレが高確率でヒット。

2~3月は朝夕まずめのスズキを狙うと面白いです。

ルアー釣りで1人5~6匹という実績あり。

南側外波止の内向き

Dポイントは

船道を狙うとチヌが釣れ、外向きよりいい型が出ると定評があります。

チヌ狙いなら最も良好なポイントです。

足場が良好で潮流がゆったりしているので釣りやすく、厳冬期であっても期待できます。

北側の波止

Eポイントは

同港でメバリングの好ポイント。

11~3月までは小型主体ですが、4月以降は20センチ級も釣れ始めます。

イカは5~6月。エギングで0.5~1.5kgのミズイカが釣れます。

また300~600gのコウイカもよくヒットします。