上天草市、樋島の赤灯台周辺の釣り好ポイント、釣れる魚種、時期まとめ

上天草市 釣り場

上天草市龍ヶ岳町の仏崎から少しだけ南へ行くと見えてくる地磯の赤い灯台。

この周辺の護岸はクロを筆頭にチヌ、ミズイカが釣れる人気スポット。

ただ、周辺はやや浅く、中・大潮の干潮時には岸寄りの海底が見えます。海底は主に砂地で藻場が点在。

なだらかに深くなっているのでカゴ釣りで遠投する人も多いです。

フカセ釣りは中・大潮の満潮前後が狙い目。

クロは特に梅雨グロに定評あり。

スポンサーリンク

樋島の赤灯台周辺で釣れる魚の時期

クロのシーズンは5~6月。

フカセ釣りで手のひら~足裏大がメイン。

朝夕まずめに30センチ以上がヒット。

25~35センチのチヌも交じります。

7~9月は餌取りが多く、釣りにくいです。

秋グロは10~12月、型は梅雨と同様。40センチの大型が釣れた実績あり。

30センチほどのバリや15~20センチのアジも交じります。

樋島の赤灯台周辺の釣り好ポイント

赤灯台のそば

Aポイント、赤灯台のそばは

樋島大橋側から流れてくる潮が赤灯台の地磯にぶつかり、そこからはっきりした潮目が払い出します。

潮目の中心は流れが早すぎるので、中心から左に10~15mくらい離して狙うのがベスト。

難易度はなかなか高いです。

カーブ部分

Bポイント、カーブは

西向きに30mほど遠投します。

赤灯台からの潮目に引かれる、ゆったりと単調な潮に仕掛けを乗せます。

Aポイントより安定した釣果が得やすいです。

手前は餌取りだらけ。

秋には小型のミズイカ、コウイカが釣れます。

下樋川漁港側

Cポイントは、A・Bポイントに比べて潮の動きが鈍いため、日中はかなりの難易度。

夜釣りでは夏~秋に良型のチヌ、キビレ、クロ。

手前に網が入ることもあるので、十分に気をつけたいところ。