天草市東町、本渡港 瀬戸大橋側の小港、釣り好ポイント、魚種、時期まとめ

天草市 釣り場

天草市東町、本渡港の瀬戸大橋側に位置する小港。

ここの呼び名は複数あり、「えびす様の堤防」と呼ばれたり「病院前」「ホテル裏」「ぽて十の堤防」など様々。

この小港は良型キスの絶好ポイント。初心者からベテランまで楽しめます。

夜釣りではメバルやキビレがヒット。

海底はほとんど砂地なのですが、駆け上がりの角はカキ殻などがあって荒いです。

スポンサーリンク

本渡港 瀬戸大橋側の小港の釣り期

キス釣りシーズンの幕開けは3月中旬~4月。

投げ釣りで5月いっぱいは20センチ前後の良型がよく釣れます。6月以降は型は落ちるもののさらに数は伸びます。

ピークは7月。8月~9月になると数、型ともに減少。

春先はフグが多いため仕掛けは多めが望ましいです。25~35センチのグチやマゴチも少し釣れます。

本渡港 瀬戸大橋側の小港釣り好ポイント

北側の波止

Aポイントは

屈折部が投げ釣り、ウキ釣りの好釣り座。

夏~秋は日中に20~25センチのバリや同型のクロが少し釣れます。

時折サヨリも。

内向きではセイゴ。夏~秋の半夜釣りで25センチほどのメイタや25~40センチのキビレも釣れます。

タイミングは小潮の上げ潮狙いがベスト。

付け餌は青虫。

夜釣りでは50~90センチのスズキも釣れている実績もありますが、イワシ(2~3月)やサヨリ(6~9月)など、ベイトの群れ方次第です。

港内にスズキが群れることもあります。

キスは20~50m投げればいいので、てんびんは8~15号の比較的軽いものでもOK。

ただ、100mほど遠投できれば冬場でも狙うことが可能。

南側の波止

Bポイントは

えびす像が目印なのでわかりやすいです。

このポイントは夜のメバリングが面白いです。

好期は2月を除いた11~5月。型は18~20センチほど。

以前は春先に大型がヒットしていましたが、近年はイマイチ。

ワームにメイタやキビレが飛びつきます。

キビナゴを付けたぶっ込み釣りでは春~秋にアナゴがヒット。

付け餌を本虫にするとキビレが高確率で狙えます。

コウイカやモンゴウイカはエギングで10~5月にピークを迎えます。

本渡港の小港 最寄りのコンビニ

本渡港の小港から最寄りのコンビニは約350m。

徒歩でも行けますし、食料の確保やトイレの利用に便利です。