天草市五和町、宮津漁港の釣り好ポイント、魚種、釣り期まとめ

天草市 釣り場

天草市五和町に位置する宮津漁港。

見過ごしてしまいそうな小さな港であり、釣り場としての知名度は低いです。

しかし、メバルや小アジ、良型のキスが上がる穴場的なスポット。

近年はミズイカ狙いで立ち寄る釣り人が増えています。

漁港の周辺は砂地で遠浅。

魚影が濃いのは秋~春のメバル。

海面には針にもかからない感じの小魚が群れていますが、その下には15~20センチサイズが見え隠れしています。

モエビやビワコエビを使った脈釣りで釣るのがベスト。

時折メイタや小グロが交じります。

スポンサーリンク

宮津漁港の釣り好ポイント

西側の波止

Aポイント西側の波止は

上物狙いなら消波ブロックがない突端部が釣りやすいです。

西側波止の突端部と離れ波止の間はやや深いので潮通しが良好、メバルが突端部の内向きによく群れています。

春~秋はウキ釣りで小グロやメイタ。

夏は小アジ主体ですが、夜にウキ釣りやルアー釣りで20センチ前後のアジもヒットします。

冬ならば日中でも同型のアジが釣れます。

西に見える地磯との間は砂地になっており、ちょい投げでキスがヒット。5月ごろから釣れだし、10センチほどのピンギスから30センチの尺ギスまで入り交じります。

ただ、網が幾重にも入っていることがあり、仕掛けを投げる前に注意しておく必要があります。

東側の波止

Bポイントは

水深はAポイントと同様かやや深いです。

以前は夏~秋にコノシロやサヨリが回遊していましたが、近年はあまり見かけません。

また、ここはエギングのポイントでもありミズイカが1年中釣れます。

型は0.3~1.5kg。良型の確率が高いのは春~梅雨時期。

コウイカは春~秋に300~500gがヒット。

時折、キロ級のモンゴウイカがヒットすることもあります。

宮津漁港の釣り期