天草市倉岳町、宮田漁港の釣り好ポイント、魚種、時期まとめ

天草市 釣り場

天草市倉岳町に位置する宮田漁港。

マダイやキスなどの観光釣り船でにぎわうこの漁港は、波止からはクロやアジを筆頭にミズイカやコウイカがよく釣れます。

しかも港内の両脇にトイレあり。

食堂が近くにあるので、周辺施設にも恵まれた釣り場です。

スポンサーリンク

宮田漁港で釣れる魚の時期

クロのシーズンは5~12月。

型は手のひらが主体ですが、5~6月と11~12月は25~30センチ級が高確率でヒットします。

チヌやキビレ、メバル、小アジなども交じります。

朝、夕まずめはポイントが近いので、比較的浅いタナでもOK。

日中はポイントが遠くなるのでウキ釣りやフカセ釣りでは分が悪いです。

したがって、遠投できるカゴ釣りが有利。

餌取りは多いのでキスゴ虫を持参するといいです。

宮田漁港の釣り好ポイント

西側波止の中間部

Aポイントからは、多数の魚種が狙えます。

チヌは数は期待できませんがウキ釣りで5月に40センチ前後がヒット。

6~8月は25~30センチ。同型のキビレが交じります。

夏の夜釣りでは20センチ級のアジがヒット。

10~4月は200g~500gのミズイカ。コウイカも多いです。

ただし、足場が狭いので注意が必要です。

西側波止の突端部

Bポイントは、

足場が広くて釣りやすいです。

5~8月はアジゴが多く、コンスタントに釣れるので定評があります。

特に5月はイワシゴ、サバゴ、サヨリ、小グロなど多彩な魚種が釣れます。

竿2本分ほど先でよく釣れますので投げサビキがおすすめです。

東側の波止

Cポイントは

ウキ釣りのポイント。

アジは10~1月に20~25センチ級がヒット。

特に北風が強い時に釣果が良好。

春には1kg前後のモンゴウイカ。夏のタコ釣りも見逃せません。

ルアーでは50~80センチ級のスズキやヒラメがヒット。

また、2~4月はイワシゴが多いので狙い目です。

港内の短波止

Dポイントは

夏~秋にウキ釣りでメイタ、キビレ、バリゴなどが釣れます。

ただ、やや浅いので満潮時がベスト。