ビストロ NT-D700とNB-DT52の違い、他メーカー上級オーブンとの違いまとめ

キッチン家電

オーブントースターも10年も経てば不具合も出て、買い替えが必要になってきますよね。

私も結婚当初買ったオーブントースターがリタイヤしたので、今度は結構いいものを・・と探していました。
以前のトースターはパンがパサパサになったので、今度は表面サクッと中はもちもち食感のものが食べたい!

たまたま、パナソニックの新型オーブントースター、ビストロNT-D700というのが出たと知ったのですが
型番だけじゃ、どんな機能なのかよくわかりません。。

どうやら前のモデルはNB-DT52というやつらしく、えらく評価が高い。

なら、新型のビストロNT-D700はどこが進化したわけ?と思ったので違いを調べてまとめてみました。

ついでに他のメーカーの上級クラスオーブントースターとの違いも調べてみました。

参考にしてくだされば幸いです!

スポンサーリンク

ビストロNT-D700とNB-DT52の違いは?

旧モデルでもあまり遜色なし、パナソニックNB-DT52でできること


パナソニック コンパクトオーブン トースト焼き加減自動調整 8段階温度調節 ホワイト NB-DT52-W

ユーザーからは

・温めのときの庫内がやたら明るい。
・電源コードが短いのでもう少し長めが良かった。

という声もありますが、気にしない人は気にならないでしょうね。

温度調節は120℃~260℃の8段階も可能、しかも余熱不要で自動調節してくれます。


遠赤外線で温めるほか、近赤外線というものでも温めてくれます。

要するに、遠赤外線だけじゃ食材の外側ばかり温まるので、食材の中も温めてくれるのが近赤外線。

それが非常に安定した仕上がりで、

冷凍パンをそのまま温めてもほどよいトーストに仕上げてくれます。
焼きたてパンが復活する!という口コミもあります。

しかも食パンを、薄切り/厚切りに合わせて最適に焼き上げてくれます。
同時に焼けるパンは2枚。

また、操作が簡単なのも秀逸。それぞれのオートメニューボタンを押すだけですからね。

オートメニューは7つ。

  • トースト
  • クロワッサン
  • ピザ
  • 惣菜パン
  • 焼きいも
  • フライ
  • パックもち

トーストの焼き加減が調節できるのも秀逸。

って、なんだかこれ以上進化できるんかな・・と思うような優等生ぶり。
ちなみに価格は12000円ほど。

NB-DT52からビストロ NT-D700が進化したポイントは?


パナソニック オーブントースター ビストロ 8段階温度調節 オーブン調理 ブラック NT-D700-K

NB-DT52と基本性能がほぼ同じというビストロNT-D700の進化したポイント、それは

  • 大幅なルックスの進化
  • オートメニューが増えたこと
  • 直感的でかっこいい操作性

ビストロという名が冠され、旧モデルより約2倍する価格は27000円ほど。正直高い。

ただ、シックに生まれ変わった見た目は明らかに高級感が増しています。
それに伴い、旧モデルにあったオートキーは排除され、ビストロNT-D700はキーがほとんどありません。

その代わりダイヤルを使って、フルドット液晶にてメニューを選ぶ形式へ。
直感的に操作することができます。

メニューは新しく3つ追加され、

・アレンジトースト⇒絶妙な焼き加減でパンの上に乗せた卵とパン自体を焼き上げる

・フランスパン⇒焦がすことなくパリッと仕上げる

・じっくり焼きいも⇒ねっとりとした食感が楽しめる

パンに卵を乗せて同時に焼き上げてくれるアレンジトーストって、もし自分でやる手間を考えるとメチャメチャ楽!

頻繁に使いたくなってしまうメニューです。

他のメーカーの上級オーブントースターってどうなのよ

究極の1枚を焼きたいなら!三菱ブレッドオーブンTO-ST1


三菱電機 ブレッドオーブン TO-ST1-T レトロブラウン 究極の1枚を焼けるトースター

まず驚くのが価格。

3万円という高額なのに1枚焼きのトースター。

なので、プレートで挟み込むタイプ。

1枚ずつなのでファミリー向きではありませんね。もちろん、割り切ってファミリーで使っている方もいます。

分解清掃できないので、手入れがしにくいという声もありますが、プレートなので拭き取りは簡単です。

パンの仕上がりは、さすがの高評価!

冷凍パンの耳すら柔らかく仕上げてくれるのでユーザーからは衝撃的、感動的な美味さ!という声が多いです。

究極の1枚を焼くために作られたわけですから、大いに期待すべき点ですね。

焼き色は5段階に調節可能。

チーズやベーコンなどを乗せたり、フレンチトーストにも対応しています。

レトロなデザインと素早い立ち上がり、アラジン CAT-GS13B


Aladdin (アラジン) グラファイト トースター 2枚焼き 温度調節機能 タイマー機能付き [遠赤グラファイト 搭載] グリーン CAT-GS13B(G)

15000円ほどの価格で食パン2枚焼き。なので価格としては高め。

しかし、まずルックスがレトロでおしゃれ!

0.2秒で発熱する遠赤グラファイトは、素早い加熱と強い火力で、数千円のトースターよりも遥かに調理時間が短縮されます。

それでいて、表面はサクッと中はもっちりと焼き上げてくれます。

ホットケーキなんかも、ひっくり返さずとも美味しくできちゃいます。

焼きムラを抑えてくれる独特の焼き網は、もちろん取り外して洗うことが可能。

ちなみにパン4枚焼きもラインナップされています。


アラジン トースター 4枚 グリル&トースター オーブントースター グリーン (B612-S3)

おしゃれなルックスとサクフワのパン バルミューダ K01E-GW


バルミューダ スチームオーブントースター BALMUDA The Toaster K01E-GW(グレー)

スチームを使いたい場合、毎回の給水がやや面倒という声もありますが、ユーザーからはなかなかの高評価。

価格はおよそ25000円と高めです。

はじめにパンの表面にさっくりした焼けた層を作り、中の水分を閉じ込めて焼き上げてくれるため、表面はサクッと中はもちもちとした食感を生み出してくれます。

モードは5つ

  • トースト
  • チーズトースト
  • フランスパンリベイク
  • クロワッサンリベイク
  • クラシックモード

リベイクは中までアツアツにあたためてくれます。

クラシックモードはスチームを使わずに設定温度になるように制御してくれます。

ちなみに、パンくずトレイ、焼き網、ボイラーカバー、給水パイプは取り外して洗うことが可能。

まとめ

それぞれの特徴を簡単に言うとこんな感じ。

パナソニックは一言で言えば優等生。

旧型のNB-DT52でもパンのクオリティは十分な満足感を与えてくれます。

ルックスと最新機能が欲しいならビストロNT-D700。

1枚のパンを極限まで美味しくしたいのなら三菱。

ルックスとパンの美味しさを両立したいならアラジン。

もう少し重厚なルックスが欲しいならバルミューダ。

参考にしてくだされば幸いです!