組立簡単で寝心地良好なアウトドアベッド、おすすめ8選

アウトドア用品

テントで寝る時、寝心地を良くしたいなら真っ先に浮かぶのはエアマット。

そんなわけで私もエアマットを使っていたのですが、朝になったら空気が抜けておりひどく目覚めの悪い朝を迎えてしまいました。

エアマットって空気が抜けてしまうリスクがあるんだな。。

もうあんな目覚めはごめんなので、今度は地面から浮いているアウトドアベッドタイプのアウトドアコットを使おうと考えたわけです。

とはいえ、アウトドアコットも色々種類があって何が自分にベストなのか全然わかりません。。

なので、アウトドアコットを選ぶ際に見るべきポイントをお伝えしていきます。

私のように、アウトドアベッドでいいものを探している人の役に立てるかな・・と思ったので良かったものを8個お伝えしていきますね。

スポンサーリンク

アウトドアコット選び、見るべきポイント

高さ調整ができるか?

アウトドアコットには高さ調整できるものと出来ないものがあります。

純粋に寝心地だけを求めるなら、高さ調整出来ないものでも十分です。価格も安いでし、軽量です。

ただ、高さ調整できるとベンチみたいに使ったりと、使える幅がかなり広がります。

組み立てやすいか?

組み立てが大変だと、アウトドアコットの設置自体が面倒になります。

なので、組み立て時に力と時間がかからない簡単なものを選ぶのがベスト。

耐久性はあるか?

いくら組み立てが簡単でも、すぐ壊れてしまっては意味がありません。

なので、何回使っても安定した使い心地を提供してくれる、丁寧な作りのものを選ぶといいです。

結局、安さだけを求めると高くつきます。

寝心地はいいか?

寝心地を向上させるために買うのだから、ここは外せません。

ここも、価格よりも優先すべきポイント。

収納時、コンパクトか?

意外と大事なのが収納時のコンパクトさ。

車などへの積載もありますが、持ち運びの労力も雲泥の差となります。

収納時になるべくコンパクトになるものを選びましょう。

高さ調節できないけど5~7000円代で評価の高いアウトドアコット

Travel coolキャンプコット


MC キャンプコット 折りたたみベッド アウトドアベッド コット キャンピングベッド 超軽量 防水 通気性 7075アルミ TPU空気枕 収納ケース付き (グリーン)

高さ調節は不可でやや重く、組み立てに力が必要ですが、耐荷重200kgと丈夫。

展開した時のサイズが190×70センチと広めに設計されています。地上高は17センチ。

しかも収納サイズは45×15センチなのでかなり小さくなってくれます。

枕もついてきますし、サイドに小物入れがあるので価格のわりに満足度が高いです。

FIEL DOOR アウトドアコット


FIELDOOR アウトドアコット 耐荷重180kg 190×69×40cm 【ブルー】 アルミ キャンプベッド ベンチ 折りたたみ式 簡単

高さ調節できず、本体が5.1kgと重いです。

収納サイズは92×17センチとあまり小さくなりませんが、耐荷重180kgで組み立て自体は簡単です。

展開サイズは190×69センチ。地上高は40センチなので座って使いたい場合にもいいです。

何といっても魅力的なのは5000円代という安さ。

サイドについている小物入れなどはありませんが、シンプルに寝るだけというなら十分な役割を果たしてくれます。

寝心地の評価も高いです。

Motomo 超軽量アウトドアコット


Motomo 超軽量 アウトドア キャンプ ポータブル タクティカル 折りたたみ式 ベッド コット ((グレー))

組み立てに力が必要で、傾斜に対して脚が外れやすいというデメリットはありますが、耐荷重200kgで重量1.9kgと軽量。

ベットの脇には小物入れがあり、便利です。

ベッドサイズは190×70センチとやや広めの設計。

展開したときの地上高は17センチ。

寝心地も評価が高く、収納サイズが38×16センチと非常にコンパクト!

高さ調節できないけど8~9000円代の寝心地良好なコット

DESERTWALKER アウトドアコット


Desert Walker超軽量折りたたみ持ち運び式キャンプベッド (陸軍の緑)

高さ調節という機能はないものの、耐荷重200kgと非常に丈夫。

その分、組み立てにやや力が必要です。組み立て自体は簡単です。

かつ、重量はわずか1.3kgとかなり軽量です。

収納するとなかなかコンパクトになります。

展開した時の地上高は15センチ。

寝心地も良好でユーザー評価も高いですし、価格も控えめなので別に高さ調節がいらないなら満足感の高いコットです。

Moon Lenceアウトドアベッド


Moon Lence アウトドアベッド 折りたたみ キャンプコット 簡易 コンパクト 超軽量 耐荷重160kg 枕収納ケースキャリーバッグ付き 防水 通気性

こちらも高さ調節はできませんが、そう割り切れば使い勝手良好。

耐荷重は160kgなので耐久性も問題ありませんし、組み立てが説明書を見なくていいほど簡単です。

寝返りをするとギシギシとやや音が出たりしますが、寝心地自体は良好。

収納サイズは38cmx16cmx14cmとかなりコンパクト。

ちなみに収納袋に柔らかいものを入れれば枕として使用できます。

値段が高いけど、高さ2段階調節ができるアウトドアコット

WAQ 2WAYフォールディングコットCOT01


WAQ 2WAY フォールディング コット 折りたたみ式コット WAQ-COT01 ハイ/ロー切替可能

価格はやや高くなりますが、2段階の高さ調節ができるアウトドアコット。

ローが地上高17センチ、ハイが地上高37センチ。

その分、高さ調節できないタイプより重量はやや重く3.2kg。

収納サイズも60×18センチで大きめです。

展開時のベッドサイズが190×67センチでこれは平均的。

ですが、最適な張り具合で寝心地は非常に良好。

Naturehike アウトドアベッド


Naturehike アウトドア アルミ ベッド 折りたたみ キャンプコット高低兼用 簡易 コンパクト 超軽量 耐荷重150kg 収納ケース付き 防水 通気性 お昼寝 来客 BBQなど簡易ベッド 野外用 バイクツーリング (花田、ポーチ付き)

展開サイズ190×65センチとやや狭いものの、2段階の高さ調節が可能。

ローが地上高17センチ。ハイが38センチ。

足をはめるのになかなか力が必要ですが、その分丈夫で耐荷重は150kgと十分な強度です。

それでいて重量2.3kgと非常に軽量です。

収納サイズは52×19センチとなかなかコンパクトになってくれます。

ハリもちょうど良く、寝心地は良好。しかも収納ポケットも横についているので使い勝手がいいです。

価格的にも、2WAYで高さ調節できるタイプにしては安価です。

クオルツ 2WAY ライトビームコットQJHB150


クオルツ 2WAY ライトビーム コット 【ブラウン】 QJHB150

耐荷重100kgなので同クラスのコットに比べて強度不足なのか?と思いますがさほど問題ありません。

むしろ組み立てに力があまりいらないので楽です。

なのでハイ、ローの高さ調節も楽。

ちなみにローが地上高22.5センチ。ハイが36.5センチ。

収納時の大きさは55×19とやや大きめ。

しかし、寝返りしてもギシギシ音がならないのはかなりのメリット。

寝返りのギシギシ音を防ぐテクニック

アウトドアコットって、そのまま使えば寝返りの際、ギシギシという音は多少してしまいます。

気にならなければいいのですが、音が気になる場合はパイプ側に固形石鹸を軽く塗ることで音がしなくなります。

まとめ

寝心地だけでいうなら高さ調節できないタイプのアウトドアコットでも十分です。

しかも価格も安いですし。

高さ調節できるタイプは価格が高くなりますが、ベッドとしてだけでなく座る場所としても使えるので活用範囲はグッと広がります。

ただし収納時の大きさはやや大きく、重量もやや重くなります。

個人的には資金があるなら2WAYタイプのものを迷わず選ぶといいですね。

高さ調節って必ず役立ちますので。

そんなわけで参考にしていただければ幸いです。