積丹町、来岸漁港と周辺の海岸の釣り好ポイント、魚種、時期まとめ

北海道 海岸 磯釣り好ポイント

積丹町来岸に位置する来岸漁港。現在の名は余別漁港(来岸地区)と周辺の海岸。

ここはホッケ、アブラコ、カジカ、マガレイ、クロガシラなど。

豊富な魚種が楽しめる釣り場。

シーズンともなれば多くの釣り人が訪れます。

スポンサーリンク

来岸漁港・海岸の釣り好ポイント

北防波堤と対峙する岩場

Aポイントからは

中投げでホッケ、沖の離岸堤方向への投げ釣りでマガレイがヒットします。

ここへの入釣は南防波堤の基部から磯伝いに進むと行けます。

旧道のトンネルあたりから岩場となっているのでやや足元に注意が必要です。

南防波堤の先端部

Bポイントは

船道へ投げるとホッケやクロガシラが釣れます。

北防波堤の先端部付近

Cポイントからは

ホッケ、アブラコ、ソイ、マガレイ、クロガシラなどの五目釣りが楽しめます。

特に先端から港内側へ2時方向、30~40mを狙うと周囲に比べて深みがあるので、ホッケのほか、アブラコやクロガシラなどが釣れます。

マガレイを狙うなら、先端に陣取って沖の離岸堤方向へ遠投をかけるのがベスト。

北防波堤、突堤部

Dポイントは

船道へのちょい投げでホッケ、クロガシラ、突堤周囲でガヤ、ソイが釣れます。

北防波堤に張り付く大岩場

Eポイントは

北防波堤基部に張り付いている大岩場。

周囲の根が荒く、根掛かりは激しいですが溝を丹念に探ると良型のアブラコ、カジカがヒット。

入釣は来岸トンネルの西口にある防潮堤の右側を通ります。

離れ岩

Fポイントの離れ岩は

正面が深場となっているので魚の寄りが良好。

ホッケ、クロガシラがヒットします。

ただし、離れ岩なので入釣の際はウエーダーを履き、飛び石伝いに行きます。

防潮堤すぐ横の岩

Gポイントは、防潮堤のすぐ横なので入釣しやすいです。

ただ、周囲の根は荒いので根がかりしやすいです。

中・遠投をかけるとホッケ、アブラコ、クロガシラなどがヒットします。

来岸漁港・海岸の釣り期

来岸漁港・海岸、最寄りの温泉

岬の湯 しゃこたん

来岸漁港・海岸から最寄りの温泉は「岬の湯 しゃこたん」

来岸から約7kmほど東にあります。

車なら約9分と、近いです。

積丹岳麓にある日帰り湯である岬の湯しゃこたんは立地が良く、標高の高い海沿いにあるため露天風呂からの眺望は抜群です。

湯量も豊富で神威岬や刻々と変化する景色に心奪われます。
お湯はややトロミがあり、肌をしっとりさせてくれます。

レストランもあるので食事をすることも可能です。

住所 積丹町野塚町212-1
TEL 0135-47-2050
料金 大人610円 子供310円 
営業時間 4月~11月:10時~21時(最終受付20時30分)、12月~3月:11時~20時30分(最終受付20時)
定休日 4月~11月:水曜(7~8月は無休)、12月~3月:水・木曜
泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉