天草市熊本町、栖本漁港で釣れる魚種、釣り好ポイント、釣り期まとめ

天草市 釣り場

天草市栖本町に位置する栖本漁港。

ここは国道沿いにあり、目立つ場所にあるにもかかわらず、訪れる人が案外少ない穴場的な釣り場。

なぜ訪れる人が少ないかというと、波止の外側がすべて消波ブロックに囲まれているので足場が悪いからです。

しかし、ブロックは小さいので慣れれば難なくサオを出すことができます。

栖本漁港で実績が高いのは冬場のナイトメバリング。

型は15~20センチがメイン。暗夜の外灯そばが高確率です。

潮回りは大潮~小潮の2日目までがベスト。中でも満潮前後の2時間は潮が適度に動き、ヒットが活性化します。

狙うポイントは消波ブロックの際や沈み瀬、海草周り。夜釣りでは見づらいので日中に下見しておくのがベストです。

加えて風が弱い、波が立たない、冷え込みが強くないなどの条件を満たせば釣果は期待できます。

スポンサーリンク

栖本漁港で釣れる魚の時期

ナイトメバリングの釣期は梅雨までで、4月以降はデイゲームが有利となります。

ウキ釣りで春〜秋にチヌやキビレが狙えます。

ルアー釣りではメバルを筆頭に、セイゴ、カマス、メッキなど魚種も多く楽しませてくれます。

時折、良型のヒラメ、マゴチなども当たります。

栖本漁港の釣り好ポイント

東側の短波止

Aポイントは

メバルは沈んだ消波ブロックの陰から当たってくるので、舐めるように探ることでヒットに持っていくことができます。

内向きの桟橋周辺も狙い目です。

秋ごろは25~30センチのセイゴ、カマス。

中小型のヒラメ、マゴチが交じります。時折メッキもヒット。

西側波止の突端部~屈折部

Bポイントは、

春はウキ釣りで40センチクラスのチヌ。

梅雨~秋は25センチ前後のメイタ、キビレ。

手のひら大のクロ。15センチ前後のアジ。

夜釣りでは25~35センチのキビレ。コウイカも多く、年間を通して狙えます。

ミズイカは500g前後が時折ヒット。

冬ごろは再び40センチクラスのチヌが当たりやすくなります。

港内は、

セイゴの群れが来ることもあります。