小樽市、高島岬の釣り場好ポイント、釣れる魚種、釣り期まとめ

北海道 海岸 磯釣り好ポイント

小樽市の北部、おたる水族館の近くに位置する高島岬。

ここの日和山灯台下は、春のカレイ場として知られてます。

4月上旬からクロガシラが釣れ始め、中旬から遠投でマガレイが釣れます。

入釣ルートはなかなか険しいので、雨天の入釣は滑落のおそれがあります。無理は禁物です。

また、カレイ時期には多くの釣り人が訪れるので場所の取り合いなどのトラブルがあることも。

お互いにマナーを守り、誰もが気持ちよく釣りができるよう心掛けたいものです。

スポンサーリンク

高島岬の釣り好ポイント

高島岬手前のAポイントは玉石原の海岸。

手前は根がかりしますが、ちょい投げでアブラコ、カジカが釣れます。

灯台下の磯場への入釣は右回りで行く場合、入釣口は6mほど崖を下り、さらに設置ロープを使って下ります。

両手が使えるように、荷物はすべてリュックに収めておく必要があります。

Bポイントの岩場は、

カレイの盛期、5月上旬になっても遠投でマガレイがたまにヒットするくらい。

夜釣りも魚影はあまりないので、やや魅力に欠けます。

Cポイント岩場は、

中間が高く隆起していますが、岩場のヘリを回ると先端に出られます。

遠投でカレイ。

好条件ならば2ケタ釣りが可能です。

しかしD、E、Fポイントと比べると釣果は一歩譲ります。

ただ、初夏はヤリイカ、マイカ釣りの好ポイント。

ここは投げ釣りの場合、近くを漁船が往来するのでライントラブルには注意が必要です。

D、Eポイントは春のマガレイの1級ポイント。

なのでシーズンともなるとかなり混み合います。

特に狙い目は左斜め方向。

遠投で良型マガレイの2ケタ釣りが楽しめます。

Eポイントは釣り場スペースが広い上に平坦なので釣り座を構えやすいです。

また、毎年5月にはマガレイの当たり日があり、その日は爆釣します。

このポイントは足元からいきなり深くなっているのでロックフィッシングポイントとしても定評があります。

40センチ超えのアブラコや良型ハチガラが狙えます。

Eポイントからさらにおたる水族館側に向かうと、潮だまりがあるので長靴かウエーダーは必須。

潮だまりを越えるとFポイントに到着。

沖にあるトド岩方向への遠投で良型マガレイが狙えます。

このポイントは水族館側から入釣することも可能です。

しかし急斜面であり、下りる際は細心の注意が必要となります。

高島岬の釣り期

高島岬周辺のコンビニ

高島岬から最寄りのコンビニは約2.4km南にあり。

ただし、24時間営業ではなく、営業時間は6:00~23:00。

高島岬周辺の釣具店

フィッシングPAPA

高島岬から最寄りの釣具店、フィッシングPAPAまでは約5.5km。

営業時間は8:00~19:00。

火曜日定休。

高島岬周辺の温泉

湯の花 手宮殿

高島岬から最寄りの温泉、湯の花 手宮殿までは約3.4km。

浴室は広く、露天風呂付き。

打たせ湯やジャグジー、寝湯、サウナ、ミストサウナなど充実しています。

また、ここで生姜焼き定食やカレー、ロースカツなどしっかりした食事をとることも可能。

料金:大人 670円(中学生以上)、小学生 300円、幼児 無料。

営業時間:9:00~24:00(最終受付23:30)

泉質: ナトリウムー硫酸塩泉(旧泉質名:芒硝泉)
(低張性アルカリ性高温泉)